婦人科 京都 健康スポーツ医。いとう女性クリニック 京都では、腹腔鏡下手術、子宮内膜症・卵巣嚢腫、子宮筋腫、月経不順、ピル・アフターピル処方、更年期障害の診察・診療をいたします。土曜・日曜診療有り。

いとう女性クリニック

京都市中京区三条通高倉東入桝屋町 53-1
Duce mix ビルヂング 3F
TEL 075-212-5662

女子アスリートの月経相談

HOME > 女子アスリートの月経相談

競技や激しいトレーニングで体重が減り、月経がなくなり、その結果、骨粗しょう症、疲労骨折になる競技女子が大勢います。
競技領域では体重減少(体を絞る、あるいは痩せていること)はむしろ成績を伸ばすために必須で良いことだと誤解されているところがあり、記録も一時的に向上することがありますが、体重が減る(減っている)ことは絶対的な栄養不足であるのです。
栄養不足は大切な臓器にのみエネルギーが補給され、卵巣・子宮への供給は後回しにされてしまいます。
その結果、卵巣の機能が低下し、月経が無くなり、子宮の発育が悪くなり、ホルモン(エストロゲン)不足による骨粗しょう症や疲労骨折が起こりやすくなります。
トップアスリートに疲労骨折が多いのはこのような理由です。

これを予防するには、ホルモンの補充が必要なのですが、ドーピングの問題や、出血のコントロール、月経と試合日程との細やかな調整など、個々に合った治療の工夫が必要で、実際に何処の医療施設を選ぶかは難しいところです。内科や整形外科で単にピルだけをもらっている選手もおられますが、ここは、やはり専門知識のある「産婦人科」で、かつ「健康スポーツ医」が良いでしょう。

当院では、数少ない健康スポーツ医の資格をもった産婦人科専門医がいますので、気軽に相談・受診してください。
また、ひとりで悩んでおられる方はメール相談も受け付けていますので、以下のフォームから何でもご相談ください。

相談フォーム

印は必須項目です。

お名前
(ニックネームでも可)
ふりがな
年齢
e-mail
半角英数
お問合せ内容
400文字以下